Rapid Response System 出動スタッフ養成コース

Rapid Response System 出動スタッフ養成コース 開催のご案内

セミナー名: Rapid Response System 出動スタッフ養成コース
主 催: JSICM セミナー管理・企画委員会(企画部門)
目 的: 現在RRSを運営しているが課題を抱えている、あるいは今後RRSを稼働させたいと考えている施設に対し、RRSに必要な知識やノンテクニカルスキルについて学ぶ。とくに救急や集中治療領域での臨床経験にはない部分について強調したケースディスカッションを交えて、RRSの特徴を理解する。
対 象: 医師(専門医以上)、看護師(ラダー3以上)
日 時: e-learning : 2022年11月18日(金)~ 2022年11月25日(金)
オンライングループワーク : 2022年11月26日(土)13:00~15:30
形 式: e-learning + オンライングループワーク
プログラム: 下記プログラムを参照願います。
※プログラムは都合により変更となる場合がございます。
申込み: 2022年10月31日(月)11:00~ 11月4日(金)
下記URLよりお申込ください。電話やメールでの申込は行っておりません。
https://www.jsicm.org/system/register
※定員となりましたので、申し込みを終了します。
本セミナーを申込される際は、ケースディスカッションでのグループ分けに必要なため、「日本集中治療医学会 セミナー管理システム」のユーザー登録情報の『所属』部分に、以下の項目を必ず記入し、ご登録ください。
・「病院名」
・「部署名」
・「ご専門(医師のみ)」
すでにユーザー登録が済んでいる方は、ログイン後登録情報の『所属』に上記項目の入力・追記(*)をお願いいたします。
* ログイン→画面右上のご自身のお名前→登録情報→編集→入力・追記→更新ボタン→完了


募 集: 32名
*申込期間中であっても定員に達した場合は締め切りとなりますので、ご容赦ください。
受講料: 日本集中治療医学会 会員:15,000円(消費税込)
         非会員:17,000円(消費税込)
お支払いを確認後、数日後に「受講票+領収書(PDF)」をメール配信致します。
受講証明: e-learningとオンライングループワークを修了された方が対象となります。
・e-learningは開催期間内に全講義の受講と確認テストの修了が確認できた方が対象となります。
・オンライングループワークは開催当日のログイン及びログアウトの時刻を確認させて頂きます。
受講終了後、「受講証明書(PDF)」をメールにてお送りいたします。
個人情報の取扱いについて: ユーザ登録でご入力いただいた情報は以下の目的で使用いたします。
・本セミナーに関する連絡や、受講確認その他の円滑なセミナー運営に必要な事項の実施
・イベント、セミナー情報等のご案内・ご紹介
キャンセルポリシー: ・申込後のキャンセルは一切受け付けておりません。
・受講料は理由の如何にかかわらず返金できませんので、予めご了承ください。
・受講者の変更は認めておりません。必ずご本人がお申込みください。


e-leaningによる講義視聴
時間コンテンツ
15分レクチャー1:RRSの位置づけと概論
中村 京太 (横浜市立大学附属市民総合医療センター 医療の質・安全管理部)
15分レクチャー2:我が国におけるRapid Response System
内藤 貴基 (聖マリアンナ医科大学 救急医学)
10分レクチャー3:Rapid Response Systemの実際
小池 朋孝 (北里大学病院 RST・RRT室)
20分レクチャー4:RRSで有用なフレームワーク
森安 恵実 (北里大学病院 RST・RRT室)


オンライングループワーク タイムテーブル
時間コンテンツ
13:00~13:15 (15分)入場開始 コースに関するインフォーメーション
黒岩 政之 (北里大学病院 麻酔科)
13:15~13:55 (40分)ケースディスカッション1:敗血症症例
服部 潤 (北里大学病院 救命救急センター)
休憩:5分
14:00~14:30 (30分)ケースディスカッション2:コンフリクト症例
江川 裕子 (さいたま赤十字病院 救急部)
休憩:10分
14:40~15:10 (30分)ケースディスカッション3:倫理問題症例
青木 善孝(浜松医科大学医学部附属病院 集中治療部)
15:10~15:30 (20分)質疑・アンケート記入
黒岩 政之(北里大学病院 麻酔科)

Rapid Response System 出動スタッフ養成コースの一覧