看護研究セミナー

第2回関西支部学術集会イブニングセミナー

第2回 看護研究セミナー

日本集中治療医学会 看護卒後教育検討委員会主催
日々、臨床現場の中で遭遇している「これって何だろう?」「どうしたらより良くなるのか?」といった疑問や感じたことはありませんか?業務改善や慣例的に行っていた看護のエビデンスを明らかにし、科学的な看護実践につなげるための方法の1つに看護研究があります。この看護研究セミナーでは、参加者が研究的な視点をもって進められるよう、研究への動機づけをし、何を明らかにしたいのか「研究疑問」を明確にできるようにテーマ設定、研究デザイン、研究計画書の作成などを学ぶことができます!
日 時: 2018年7月7日(土) 17:00~19:00
目 的: 日々の業務の中で抱いている臨床疑問が「研究疑問」となり、何を明らかにしたいのか明確になるよう、研究への動機づけをする。
到達目標: 1.看護研究のプロセスがわかる
2.日々、抱いている臨床疑問を「研究疑問」に定式化する
3.研究計画書作成の具体的方法がわかる
対 象: 集中治療領域に勤務し、日本集中治療医学会「集中治療に携わる看護師のためのクリニカルラダーレベルⅡまたはⅢに相当する看護師
募集人数: 定員40名(先着順)
受講料: 日本集中治療医学会 会員2,000円、非会員3,000円(消費税・テキスト代含)
*なお、当日関西支部学術集会の参加証を提示された方は無料となります。
 参加証が提示できない方は、当日受講料をお支払ください。
場 所: ピアザ淡海    〒520-0801滋賀県大津市におの浜1丁目1-20  TEL077-527-3315(代表) ≫交通アクセスのご案内

プログラム(予定)

講師:福岡敏雄 先生(倉敷中央病院 総合診療科・救命救急センター部長)

プログラム 概要 学びの焦点
導入 ・セミナー目的およびゴールの説明
(事前学習の看護研究の意義についても説明)
・ファシリテーター紹介
・グループ内での自己紹介
・個人目標の明確化
*事前学習(資料を配付)
*振り返りシートを用いて、本セミナーでの自己課題を明確化する。
Module 1
講義
疑問の定式化
研究デザイン概略
・研究プロセス
・疑問の定式化解説
・研究デザイン解説
・各自PICOの作成
*各受講生の疑問や課題をPICOにする
Module 2
講義+グループワーク
研究計画書の作成
・研究計画書の作成
研究計画書の書き方の説明
*グループ内でシェアした受講生のテーマのうち1つを選び、研究計画書を作成する
Module 3
まとめ
・Module1、2の要点確認
研究の学習を継続するための課題の特定と行動計画の立案
・質疑応答
*本日のまとめおよび今後、必要な学習課題の把握
振り返りシートにて、次の学習課題を整理する

看護研究セミナー申し込み要領

申込期間

2018年5月1日(火)~
先着順に受け付けますので、申込期間中であっても定員に達し次第締め切りますのでご容赦ください。
申込後、受講料振込の確認ができない方は、次回以降受講をお断りすることがあります。

申込方法

受講申込は専用申込みフォームで受け付けます。

申し込み
参加申込者には、申し込み受理を通知するメールが届きます。
申し込み後1週間経過してもメールが届かない場合は、日本集中治療医学会事務局 jimu@jsicm.org にご連絡ください。
受講決定者には、別途、申込時にご登録いただいたE-mailアドレスにE-mailで通知いたします。

受講決定について

受講決定者には、別途、申込時にご登録いただいたE-mailアドレスにE-mailで通知いたします。

当日持参物

受講決定通知をメールにてお送りいたしますのでプリントアウトして当日ご持参下さい。

申込後のキャンセル・変更

・受講者の変更は認めておりません。必ずご本人がお申込みください。
お問い合わせ先
一般社団法人日本集中治療医学会事務局 安岡
〒113-0033東京都文京区本郷3-32-7東京ビル8階
TEL:03-3815-0589 FAX:03-3815-0585
MAIL:jimu@jsicm.org

看護研究セミナーの一覧

第2回 看護研究セミナー(2018年7月7日開催)
第1回 看護研究セミナー(2017年7月28日開催)