日本集中治療医学会会員の皆様へ

PADISガイドライン翻訳者 公募のお知らせ

2018/12/04
Society of Critical Care Medicine と日本集中治療医学会は、先ごろ公表された、成人ICU患者に対する鎮痛・鎮静・せん妄管理ガイドライン改訂版、通称「PADISガイドライン」(下記、参照願います)の日本語訳に関する契約を結びました。そこで今回、会員を対象として広く翻訳作業の協力者を公募します。

協力者の職種は問いませんが、翻訳に伴うインセンティブはなく、無報酬のボランティア作業とお考え下さい。また、用語や表現などは、全体の統一を図る上で若干の修正をさせていただく場合があることをご了承ください。
ご協力いただける方は、下記公募フォームから氏名、職種、所属、メールアドレスのご連絡をお願いします。その際、担当する領域の希望がある場合は、併せてお知らせ下さい。
ただし、ご希望に添えない場合もあることはご理解願います。

翻訳作業の期間は2019年1月~3月末を考えています。
原則全員採用の予定でおりますので、奮ってご応募ください。

▼翻訳対象論文
Devlin JW, Skrobik Y, Gelinas C, et al. Clinical Practice Guidelines for the Prevention and Management of Pain, Agitation/Sedation, Delirium, Immobility, and Sleep Disruption in Adult Patients in the ICU. Crit Care Med. 2018; 46(9):e825-e873.

▼公募要領
*公募期間:2018年12月4日~12月14日
*公募要件:日本集中治療医学会会員
*公募フォーム:https://www.secure-cloud.jp/sf/business/1543542216OUvsSNel/
※応募者には12月末頃改めてご連絡いたします

J-PADガイドライン検討委員会
委員長 布宮 伸