集中治療とは

医療従事者の皆さまへ

Healthcare Provider

集中治療とは、“生命の危機にある重症患者さんを、24時間の濃密な観察のもとに、先進医療技術を駆使して集中的に治療するもの”であり、集中治療室(ICU)とは、“集中治療のために濃密な診療体制とモニタリング用機器、ならびに生命維持装置などの高度の診療機器を整備した診療単位”と定義されています(今井ら. 日本集中治療医学会雑誌 2009;16:503-504)。

 実際、循環不全、呼吸不全、意識障害、腎障害、凝固障害などの臓器不全により、生死の境をさまよう患者に対する生命維持のための診療は、1990年台以降、長足の進歩を遂げました。その原動力の一つとして、各種の薬剤・機器を含めたICUというハードウェアの整備が進んだことが指摘できますが、現在、患者の予後改善に大きく影響するのはむしろソフトウェアの部分、すなわち専門トレーニングを受けたドクターやコメディカルがその診療に深く関与することが重要であるとされています(Pronovost PJ., et al. JAMA 2002;288:2151-62)。すなわち、臓器機能不全をきたした重症患者の予後改善のためには、最良の臨床研究データに基づき、高い質で効率の良い診療を行う集中治療専門スタッフからなる“ICUチーム”の存在が不可欠なのです。

 一方で、内科系・外科系の各専門診療科の専門診療も、驚くべきスピードで進歩しています。その結果、各科医師が専門医として質の高い診療を行うためには、長いトレーニング年月を要し、重症患者の全身管理をトレーニングする時間を取ることが難しい状況です。また、各専門診療科医師は日常診療時間のほとんどを手術、手技、外来、病棟業務に費やすことが求められ、ICUで重症患者に向き合う時間を取れません。もしICUに自分が主治医である患者さんが入室したら、集中治療専門スタッフの存在は大きな安心材料になるとともに、安心して専門診療に没頭することができます。集中治療専門スタッフの存在は、患者さんばかりでなく、各専門診療科医師にも福音と言えるでしょう。



重症患者に良質な診療を行うためには、専門診療科医師による質の高い専門診療に加えて、集中治療専門スタッフによる質の高い全身管理、すなわち“ICU退室後を見据えた重要臓器の機能サポートおよび合併症予防”が必要です。長期予後の改善という最終目標の達成のためには有能なICUチームの存在が不可欠です。ICUチームはICUにおける中心的な役割を果たしますので、この分野を専門的にトレーニングし、実践し、研究を行う集中治療医すなわち”Intensivist”や急性期専門コメディカルの誕生が期待されます。Intensivistとは、全身を診ることができる“重症患者の総合診療医”と呼ぶことができるでしょう。また、急性期専門コメディカルの必要性が高まっています。日本集中治療医学会は、このような、ICUチームの皆のために存在します。


2017年8月
日本集中治療医学会広報委員会