日本集中治療医学会 第5回九州支部学術集会  
トップページ
会長挨拶
開催概要
プログラム・日程表
演題登録
採択結果
参加者へのご案内
座長・演者へのご案内
会場案内
リンク
 
演題登録
演題募集を締め切りました。ご登録ありがとうございました。
  応募資格について
筆頭発表者は一般社団法人日本集中治療医学会の会員に限ります。
未入会の方は必ずご入会ください。
会長が依頼した指定演者等はこの限りではありません。
ご入会のお問合せ先
一般社団法人 日本集中治療医学会
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-7 東京ビル8F
TEL:03-3815-0589 FAX:03-3815-0585
E-mail:jimu@jsicm.org
日本集中治療医学会 入会のお問合せ
  発表演題に関する利益相反(conflict of interest:COI)の開示について
一般社団法人日本集中治療医学会では、「集中治療領域の研究における利益相反(COI)マネージメントに関する指針」ならびに「同施行細則」を策定し、2011年4月1日より施行しています。そのため、2012年度学術集会より、この利益相反状態は学術集会発表時にスライドあるいはポスターの最初に開示していただいております。
詳細は「COIに関する規定」をご確認ください。
  発表演題に関する個人情報の取り扱いについて
患者個人情報に抵触する可能性のある内容は、患者あるいはその代理人からインフォームド・コンセントを得たうえで、患者個人情報が特定されないように十分留意して発表してください。(不必要な年月日の記載は避ける、年齢表記は40歳代などとする、など十分にご配慮ください。個人が特定されうる発表はご遠慮ください。)
  研究内容の倫理委員会承認について
ヒトを対象とした研究については、ヘルシンキ宣言(2000年10月、エジンバラ改訂)に基づき、所属機関の倫理委員会の承認を得たうえでご発表ください。
  二重発表について
既に発表あるいは演題登録中の抄録と実質的に同じ内容の発表を「二重発表」と定義します。ただし、特別セッション(シンポジウムやパネルディスカッション、ワークショップなど)での発表、あるいは他言語での発表は除外します。また、一般演題であっても、重大な副作用報告や、前回の発表がある職種に限られていたものを違う職種にも広く周知する必要があると思う場合など、二重発表であっても本学術集会でも周知する価値があると考える場合には、「二重発表」であることを明記の上で、演題登録を許可します。その場合、必ず二重発表を申告するボックスをチェックし、抄録本文中にもその旨を明記してください。演題の採否は学術集会会長が最終判断させていただきます。また、同一研究で症例数を大幅に増やした場合などで、二重発表でないとする場合も、既報の「続報」であることがわかるように、前発表の際の「学会名」と「第何報目か」を抄録本文中にわかるように記載してください。
公募の特別セッションに応募した演題が不採用となった場合に、一般演題で審査を受けることを希望する場合は、二重発表に当たるかどうかを審査しますので、抄録提出時に、二重発表のボックスへのチェックおよび必要項目を記載してください。
演題登録〆切日以前にアクセプト済の論文内容に関する発表についても二重発表とみなします。こちらも上記二重発表に関する注意点に従ってください。なお、発表時点において論文掲載済の発表は、二重発表とみなしますので、直ちに学会事務局にご連絡ください。
近い将来、学会員は一般財団法人校正研究推進協議会(APRIN)のe-learningのうち生命医化学系の3コース(研究における不正行為、オーサーシップ、盗用)の受講が義務化される予定です(e-APRIN-JSICMコース)。この機会に受講されることをお勧めいたします。ただし、勤務される施設でe-APRINあるいは旧CITIの該当するコースを受講済の方は、有効期限内(5年間)は再受講の必要はありません。
  結果の出ていない発表、抄録内容と異なる発表について
結果の出ていない段階での応募は認めません。また、抄録の内容と大きく異なる発表は認めません。内容をよく確認して応募してください。
  代理発表について
やむをえない事情で筆頭発表者が発表できない場合、共同発表者に限り代理発表を認めますが、代理発表者に筆頭発表者としての単位は付与されません。共同発表者以外の発表は一切認めません。演題取り下げとします。
  著作権について
採用された演題の著作権は一般社団法人日本集中治療医学会に帰属し、ホームページ上に掲載され、全文検索の対象となります。
上記、学術集会における発表の注意点に関しては、日本集中治療医学会ホームページ 定款・細則の「年次学術集会における不正発表防止規定」および「研究倫理に関するよくある質問(FAQ)」に書かれております。詳細については、リンク先をご確認ください。
  1. 演題募集方法
演題登録は、インターネットによるオンライン登録のみです。
演題登録画面へ進むボタンは本ページ下部にございます。
以下の注意事項を十分お読みいただいたうえで、演題登録画面にお進みください。
  2. 演題応募受付期間
3月31日(水)
2021年 23日(水)〜415日(木)
演題募集期間を2021年4月15日(木)までに延長しました。
なおブラウザによってはバナーが見えない場合もございます。
画面のリロードをお願いいたします。
  3. 査読方法
応募演題の査読は日本集中治療医学会の査読方法に準拠し、下記の方法で実施します。
1) 1演題につき3名の査読委員により査読し、その結果に基づいて会長が採否を決定します。
2) 査読の公平性を担保するため、査読委員には応募者の所属、氏名は公開しません。また、査読委員自身の所属から応募された演題を査読しないよう配慮します。
3) 抄録内容により「研究」「症例・経験・その他報告」で査読委員が判断します。
「研究」演題については下記の項目ごとに合計36点満点で評価します。
1.タイトルは適切か 3点
2.新奇性・独創性・学術的重要性 5点
3.研究目的は明確か 5点
4.研究デザインは適切か 5点
5.結果は明確に記載されているか 5点
6.結論を導くための論旨の展開は整っているか 5点
7.結論・結語は適切か 5点
8.全体を通して文章の出来栄え 3点
「症例・経験・その他報告」演題については下記の項目ごとに
合計31点満点で評価します。
1.タイトルは適切か 3点
2.新奇性・希少性 5点
3.臨床的または教育的重要性 5点
4.医療上の工夫・取り組みなどの独創性    5点
5.内容は明確に記載されているか 5点
6.結論・結語は適切か 5点
7.全体を通して文章の出来栄え 3点
  4.発表形式・カテゴリー(発表領域)
1)発表形式
一般演題(口演)、パネルディスカッション(公募)、シンポジウム(指定演者のみ)のいずれに応募するかをご選択ください。
公募の特別セッションに応募された際には、採用されなかった公募演題は、ご希望により、一般演題として査読します。(但し、二重発表のものは一般演題での発表はできません。演題登録時に二重発表かどうかを記載ください)
演題を募集するプログラムは以下のとおりです。
1. 一般演題(口演)
2.
パネルディスカッション(公募)
テーマ: 「多職種連携による危機的状況への対応」
【企画趣旨】
国内で様々な自然災害が発生するとともに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生し、重症患者の診療を担う集中治療室の役割が注目され、集中治療における多職種連携の重要性が高まっています。そこで本セッションでは、危機的状況に対して多職種連携で対応する集中治療の実践や研究に関する演題を募集します。
3.
シンポジウム(指定演者のみ)
テーマ: 「新型コロナ禍の集中治療を考える」
2)一般演題カテゴリー(発表領域)
一般演題(口演)にご応募いただく場合は、一般演題カテゴリー(発表領域)を下記よりご選択ください(第1希望〜第3希望)。パネルディスカッションにご応募いただく場合も、パネルディスカッションに採用されなかった際に一般演題としての査読を希望される場合は、一般演題カテゴリー(発表領域)をご選択ください。
一般演題カテゴリー、および発表形式は、会長が最終決定します。
選択項目は下記のとおりです。
一般演題カテゴリー(発表領域)
1. 呼吸 14. 新生児 27. 終末期
2. 循環 15. 小児 28. 検査法
3. 中枢神経 16. 中毒 29. モニタリング
4. 消化管 17. 外傷・熱傷 30. 臨床薬理
5. 18. 蘇生 31. コンピュータ
6. 19. 臓器移植 32. Rapid Response System
7. 血液・凝固 20. 血液浄化 33. チーム医療
8. 内分泌・代謝    21. 栄養 34. 患者管理・看護管理
9. ショック 22. 補助循環 35. 家族支援
10. 感染・敗血症 23. 鎮痛・鎮静・せん妄 36. 教育
11. 多臓器関連 24. リハビリテーション 37. 災害・危機管理
12. 体温 25. 安全・安楽 38. 新型コロナ関連
13. 産科・婦人科 26. 精神・心理 39. その他
  5. 優秀学会賞
応募された一般演題の中から、優れた演題に対して学会賞を準備しています。選考方法等については演題採択時に通知いたします。
  6.応募方法
1)抄録情報の入力
演 者 筆頭演者を含めて10名以内
施 設 10施設以内
演題名 全角50字(半角100字)以内
図 表 な し
本 文
文字数
下記を厳守してください。
全角800字(半角1,600字)以内

構 成
登録する演題が「研究」「症例・経験・その他報告」のいずれにあたるかを自身で判断し、その項目に書かれた事項を守って、簡潔かつ論理的に構成してください。
1)
「研究」
基礎研究、疫学研究(量的・質的研究)などが含まれます。
原則として【背景と目的】【方法】【結果】【結論】の項立てに沿って記載してください。背景と目的には可能な限り仮説を記載してください。考察は必要ではありません。考察を書く場合は、結果と考察は厳密に区別してください。結論は得られた結果のみに基づいて記載してください。詳細は構造化抄録の書き方(PDF)をご参照ください。
2)
「症例・経験・その他報告」
症例報告、活動報告などが含まれます。
まれな疾患、困難な病態に対する医療上の工夫、医療上・勤務上の経験や取り組みなどを踏まえて、他者の参考となる発表を歓迎します。新奇性・教育的価値がわかる内容にしてください。詳細は構造化抄録の書き方(PDF)をご参照ください。
2)COIの有無、倫理委員会の承認状況、二重発表状況
応募内容についてのCOIの有無、倫理委員会の承認状況、二重発表状況につきご申告ください。
3)メールアドレス・パスワードの入力
応募システムへのログインには応募完了時に発行された登録番号およびパスワードが必要になりますので、必ず記録を残してください。お問い合わせいただきましても運営事務局ではパスワードは管理しておりません。
4)演題の修正・削除
演題応募受付期間中は何度でも演題の修正、削除が可能です。「確認・修正」ボタンをクリックし、登録番号とパスワードを入力してログインしてください。
5)演題受領の確認
演題応募が完了いたしますと、自動的に受付完了通知メールが届きます。メールが届かない場合は、入力されたE-mailアドレスがまちがっている、迷惑フォルダに格納されている、応募そのものが完了していないなどの可能性が考えられます。運営準備局までご照会ください。
6)演題登録時の注意事項
UMINオンライン演題登録システムでは、【Firefox】【Google Chrome】【Internet Explorer】【Microsoft Edge】【Safari】以外のブラウザで演題登録はできません。
それ以外のブラウザでは、ご利用にならないよう、お願いいたします。
各ブラウザは、最新バージョンの使用を前提としております。
リンク先:http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htm
よくある質問と回答を掲載していますので、こちらを併せてご参照ください。
  7. 演題登録に関するお問合せ先
株式会社コンベンションサポート九州(学会サポートセンター熊本)
〒862-0976 熊本市中央区九品寺1丁目5-3 熊本第2ビル101号
TEL:096-373-9188 FAX:096-373-9191
E-mail:kyuicu2021@higo.ne.jp
演題募集を締め切りました。ご登録ありがとうございました。
Copyright © 2020 The Japanese Society of Intensive Care Medicine Kyusyu Branch.  All right reserved.