日本集中治療医学会 第5回九州支部学術集会  
トップページ
会長挨拶
開催概要
プログラム・日程表
演題登録
採択結果
参加者へのご案内
座長・演者へのご案内
会場案内
リンク
 
会長挨拶
日本集中治療医学会 第5回九州支部学術集会
会長 笠岡 俊志(熊本大学病院 災害医療教育研究センター 教授・センター長)
日本集中治療医学会 第5回九州支部学術集会
会 長   笠岡 俊志
(熊本大学病院 災害医療教育研究センター
教授・センター長)
第5回九州支部学術集会を令和3年7月24日(土)に熊本で開催させていただくことを大変光栄に思います。役員および会員の皆様に心より感謝申し上げます。さらに今回は国立病院機構熊本医療センター救命救急センター長の原田正公先生を副会長に指名し企画や運営にご協力いただいています。
近年、国内では様々な自然災害が発生するとともに、令和2年には新型コロナウイルス感染症の世界的なパンデミックが発生し、重症患者の診療を担う集中治療室の役割が注目されています。そこで、今回は、「危機的状況への対応を考える」をテーマに、集中治療に関する最新情報や様々な課題について多職種で議論し情報発信していただこうと考えており、特別講演、教育講演、シンポジウム、一般演題などを予定しています。
学術集会の前日は延期された東京オリンピックの開会式に当たりますが、熟慮の末、会期は変更せず開催することに致しました。ただし新型コロナウイルス感染症の拡大状況によってはWeb開催も考慮しています。
平成28年熊本地震の被災地は未だ復興の途上にありますが、不通となっていたJR豊肥線の肥後大津−阿蘇間の運行が再開され、熊本市内から阿蘇へのアクセスも便利になりました。また、会場の熊本城ホールは、令和元年10月にオープンした新たなコンベンション会場で、ショッピングモール(サクラマチ熊本)が隣接するとともに、熊本城も徒歩圏内にあります。学術集会の合間に復興途上にある阿蘇や熊本城の様子もご覧いただければ幸いです。
熊本から集中治療に関する新たなエビデンスの発表や、有意義な議論を行っていただければ幸いです。皆様のご参加を心からお待ちしています。
Copyright © 2020 The Japanese Society of Intensive Care Medicine Kyusyu Branch.  All right reserved.