第14回蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)第14回蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)

Menu
 
ポスターダウンロード

学会事務局

山形大学医学部麻酔科学講座
〒990-9585 山形県山形市飯田西2-2-2
TEL:023-628-5400 FAX:023-628-5402

運営事務局

日本コンベンションサービス株式会社
東北支社
〒980-0824 仙台市青葉区支倉町4-34
丸金ビル6階
TEL:022-722-1311 FAX:022-722-1178
E-mail:jsicm49@convention.co.jp

会長挨拶

第14回日本蘇生科学シンポジウムの併設開催にあたって

山形大学医学部麻酔科学講座主任教授
高度集中治療センター長
川前 金幸

この度、第49回日本集中治療医学会を主催いたします川前です。蘇生科学シンポジウムは、日本蘇生協議会が主体となり、各関連学会が持ち回りで開催しております。日本蘇生協議会は、岡田和夫名誉教授が設立され、現在野々木宏教授が代表理事を務めており、蘇生科学の進展に尽力されております。国際蘇生連絡委員会(ILCOR;International Liason Committee on Resuscitation)に参画し、アジア地域を取りまとめ、世界の蘇生ガイドラインを策定する礎となっております。蘇生に関連する研究、教育、そして情報交換等を行い、安心で安全な市民生活の創造に貢献されています。

第48回(前回)日本集中治療医学会学術集会会長の黒田泰弘教授が日本蘇生協議会の理事として参画し、今回の併設開催の取りまとめを率先して行ってくださいました。集中治療も広い意味での蘇生であります。その研究と知識、教育と啓発、臨床と倫理等々、重なる領域は広くあります。今回の集中治療医学会のテーマは「creative..」です。蘇生に関連する問題、課題、そして理想と夢など、会員の方々で情報共有し、creativeな時間を過ごすことができる場となりますことを祈っております。

現在8月の残暑が続き、豪雨と台風などの災害、そしてコロナ禍により過労、心労の多い環境で、ご活躍されている方々も多いと思います。どうぞご自愛頂き、コロナ禍も収束するであろう来年3月には陸奥(みちのく)仙台の地で、お会い出来ますこと楽しみにしております。

代表理事挨拶

第14回J-ReSS開催にあたり

一般社団法人日本蘇生協議会 代表理事
大阪青山大学健康科学部  野々木 宏

第14回J-ReSS(Japan Resuscitation Science Symposium、日本蘇生科学シンポジウム)は、第49回日本集中治療医学会学術集会会長 川前 金幸先生(山形大学医学部麻酔科学講座 主任教授)のご担当で開催されます。

J-ReSSは2008年に第1回が福岡で開催され、第2回はI-ReSS(International-ReSS)として世界の蘇生の大家が一堂に会する機会に開催されました。2013年はアジア救急医学会が東京で開催された時、A-ReSS (Asian-ReSS)として開催され、国際的な評価も高まりました。

2021年度はJRC蘇生ガイドライン2020の発刊された年で、今後の普及啓発に非常に重要な年です。今回のJ-ReSSでは、2025年に向けてRCTを含む質の高いエビデンスのわが国からの発信、アジアとの連携、GRADEを使用したガイドライン作成のあり方などが議論される予定です。

また質の高い蘇生科学の研究報告を一般演題としていただき、優秀報告にはOkada-Awardが授与されます。是非、多くの皆様方にご参加いただけますようお願い申し上げます。

企画担当をいただきます実行委員会委員長 黒田 泰弘(香川大学救急災害医学講座教授)をはじめ実行委員会の皆様方に深謝致します。

開催概要

名称 第14回蘇生科学シンポジウム
The 14th Japan Resuscitation Science Symposium(J-ReSS)
会期 2022年3月18日(金)~3月20日(日)
第49回日本集中治療医学会学術集会の会期中に開催
会場 仙台国際センター
〒980-0856 宮城県仙台市青葉区青葉山
会長 川前 金幸(山形大学医学部麻酔科学講座)
実行委員長 黒田 泰弘(香川大学医学部・医学研究科救急災害医学)
主催 山形大学医学部麻酔科学講座
〒990-9585 山形県山形市飯田西2-2-2
TEL:023-628-5400 FAX:023-628-5402
共催 ⼀般社団法人 日本蘇生協議会
運営事務局 日本コンベンションサービス株式会社 東北支社
〒980-0824 仙台市青葉区支倉町4-34 丸金ビル6階
TEL:022-722-1311 FAX:022-722-1178
E-mail:jress14@convention.co.jp

演題募集

1. 演題募集期間

2021年9月6日(月)~9月24日(金)

10月15日(金)まで延長いたしました

2. 演題応募方法

  • 下記より「演題登録フォーマット」をダウンロードしてください。

    演題登録フォーマット

  • 必要事項を入力後、演題登録係(jress14@convention.co.jp)宛てにメール添付にてご提出いただきますようお願いいたします。メールの件名は【演題登録:筆頭著者の氏名】としてください。
  • 演題をご提出いただいたメールアドレスへ受領通知メールをお送りします。
    3営業日以内に受領通知メールが届かない場合は、運営事務局宛にメールでご連絡ください。
  • 演題の採否・発表日時は、決定次第、演題をご提出いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。
  • 原則として校正無しでそのまま印刷いたします。提出者の責任において正確に作成してください。
    演題名・抄録本文のほか、共著者の氏名、所属についても十分ご確認ください。

3. 演題募集に関する注意事項

  • 応募カテゴリー

    下記より選択してください。

    01. BLS(一次救命処置) 05. ACS(急性冠症候群)
    02. ALS(成人の二次救命処置) 06. NR(脳神経蘇生)
    03. NEO(新生児の蘇生) 07. FA(ファーストエイド)
    04. PLS(小児の蘇生) 08. EIT(普及・教育のための方策)
  • 文字数制限

    演題名:全角50文字以内

    抄録本文:全角1,000文字以内

  • 著者名

    筆頭著者は発表者としてください。

    著者(筆頭著者および共著者)は、合計で5名まで登録可能です。
    6名以上は受付できません。

  • 所属

    省略せずに記載してください。(東大×、東京大学○)

    所属の表記方法は統一のために変更させていただく場合がありますのでご了承ください。

    所属は1演題につき最大7件までとしてください。

    著者1名について、所属は2ヵ所までとしてください。

  • 倫理委員会の承認

    下記より選択してください。

    01. 承認済み
    02. 申請中・申請予定
    03. 未申請
    04. 申請不要
  • 利益相反の開示
    • 本シンポジウムで発表される研究成果の公正性、信頼性を確保するため、著者(筆頭著者および共著者)の利益相反状態を開示してください。
    • 申告対象は、発表内容に関連する企業、ならびに営利を目的とする団体です。
    • 以下について、「該当あり」、「該当なし」を記載して、発表当日にスライド内で開示してください。
    1. 役員・顧問職 1企業から役員・顧問として年間100万円以上の報酬を受け取っている場合
    2. 株式 1企業についての1年間の株による利益(配当、売却益の総額)が100万円以上の場合、あるいは当該発行済株式の5%以上を所有する場合
    3. 特許権使用料 1企業あたりの特許権使用料が年間100万円以上の場合
    4. 講演料など 講演料や会議の出席などに対する日当などが、1企業から年間100万円以上の場合
    5. 原稿料など 1企業からの原稿料が年間100万円以上の場合
    6. 研究費 1つの研究に対して支払われた総額が年間200万円以上の場合
    7. 奨学寄付金
    (奨励寄付金)
    1企業から支払われた総額が年間200万円以上の場合
    8. その他 研究とは無関係な旅行、贈答品などについては1企業からの総額が年間30万円以上の場合

プログラム

準備中

参加者へのご案内

準備中

ページトップ

ページトップ