日本集中治療医学会
第4回関西支部学術集会

ご挨拶

会長:井上 聡己日本集中治療医学会第4回関西支部学術集会
会長  井上 聡己

奈良県立医科大学附属病院集中治療部

第4回関西支部会を主催させていただきます、奈良県立医科大学集中治療部の井上聡己です。当施設が本学会を主催させていただくのは地方会の頃より数えまして3回目となります。
会場と致しましては、交通の便が良い大阪での開催も考えましたが、支部会ということもあり、奈良での開催を決定させていただきました。何とか駅近くの会場を押さえさせていただきましたので、たくさんのご参加をお待ちしております。もともと支部会は会員の発表の場、交流の場と考えておりますので、可能な限り演題は採択させていただき、発表していただきたいと考えておりますので、気軽に演題登録していただけたらと思っております。
また、大会テーマは「ICUの環境を考える:病室の概念を変えるのはICUから」とさせていただきました。奈良県立医科大学ではいろいろな発想で既存のICUの環境を変えるという試みをしています。ICUの環境を変えるためには医療従事者の力だけではできません。様々な分野の方々の協力を得、より心地よい環境を作ろうとしています。これは医療の向上だけでなく新たなビジネスチャンスにもなり、地方活性化にもつながるのではないかと思っています。コンセプトは「病院に快適空間を」です。まずは皆さんに「病院に快適空間を」という概念を少しでも紹介させていただけたらと思っています。また興味を持っていただけたらそれで大成功です。
それでは奈良で皆様のご参加をお待ちしております。

2020年4月13日追記
皆様、いかがお過ごしでしょうか? COVID-19のパンデミックにて学会開催の可否について検討せざるをえない状況になりました。悩みましたが、関西の集中治療領域に多大な貢献を果たしてきました本学会の灯を絶やすべきではないと考え、会期を10月末に延期いたしました。また、会場は奈良でなく、少しでも交通の便の良い大阪に変更し、多くの方に参加していただけるよう配慮いたしました。今、学会のことなど考えられない状態かもしれませんが、我々の経験を後世にまで伝えるために学会の存在は欠かせません。会期は10月末ですが、そのころには収束し、復興ムードになっていることを期待しております。
多くの皆様の参加を楽しみにしております。また、皆様のご健康をお祈りしております。