メインイメージ

会長挨拶

日本集中治療医学会 第5回北海道学術集会
会長 小北 直宏
(旭川医科大学病院 集中治療部 部長・准教授)

 この度、「日本集中治療医学会 第5回北海道支部学術集会」を2021年9月11日(土)に、旭川市大雪クリスタルホールにて開催させていただく運びとなりました。
 言うまでも無く現在、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっており、社会全体が大きな影響を受けています。特に、冬を迎え北海道での感染者数の増加は、医療現場にも混乱をもたらし、改めて危機管理の重要性を痛感しております。
 本学会も、通常の形式での開催は難しいかもしれません。ただし、私達はコロナ存在下での新たな社会を迎えつつあり、COVID-19に対しても最前線で戦っている学会員の皆様の貴重な情報共有の場になることは間違いありません。確かに多くの壁はあるかと思いますが、是非、ハイブリッド形式やオンライン形式を含めて開催したいと考えております。
 本学会のテーマは「新たなる飛躍に向けた挑戦」とさせていただきました。このような困難な時期であるからこそ、更なる“飛躍”が重要だと思っております。会員の皆様からの知識の中から真実を見出し、情報を共有し、協力して課題に挑むことへの期待を表しております。
 本学術集会では、シンポジウム、講習会、教育セミナー等、現場での実践的なプログラムを予定しております。
 学会員の方々におかれましては、この困難な時期を乗り越えて、2021年の本学会においてみんなが笑顔でお会いできることを願っております。もしまだ緊張が解けない状況であれば、参加者が無事に混乱無く参加できるような学会になればと思っております。
 皆様の本学術集会への積極的なご参加をよろしくお願いいたします。