日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)特別編
COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations 第2.1版改訂のお知らせ

日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会 COVID-19対策タスクフォース

2019年末発生した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症COVID-19は、2020年初頭より世界中に広がり、今なお収束の兆しが見られていません。日本救急医学会、日本集中治療医学会による2学会合同の日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG)2020 特別委員会では、GRADEシステムに則ったJ-SSCG 作成の経験を活かし 、COVID-19の薬物療法に特化したliving guideline特別編を作成し、両学会のホームページで最新情報を提供し、エビデンスに基づいた診療を支援することを目指しています。
本診療ガイドラインは初版を2020年9月9日、第2版を2020年10月14日に公開しており、今回は改訂第2.1版になります。第2.1版はCQ5(トシリズマブ)のみを最新のエビデンスに基づく推奨に変更したマイナーアップデート版となります。
 なお、本診療ガイドラインは迅速作成かつオンタイム更新を実施する Rapid/Living recommendations です。したがって、常に最新版の情報を利用することを強くお願い申し上げます。



▼日本版敗血症診療ガイドライン2020(J-SSCG2020)特別編
COVID-19薬物療法に関するRapid/Living recommendations【第2.1版】

ガイドライン本編 ver.2.1.0
ガイドライン付録 ver.2.1.0


2020年11月6日
日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG2020)特別委員会
委員長 江木 盛時、小倉 裕司
理事 西田 修、田中 裕