会長および副会長選出に関する細則


第1条 会長候補者となるには、評議員5名以上の推薦を得たのち、公示期間内に立候補を理事長に届け出る。

第2条 理事長は、理事会に諮り届け出のあった会長候補者を3名以内に選考し、これに順位をつけずに社員に前もって通知する。

第3条 会長の選挙は、社員総会において行い、次の各項に従う。
 1.選挙にあたっては理事長が評議員の中から2名に選挙管理委員を委嘱し、選挙事務にあたらせる。
 2.投票は無記名単記とする。
 3.以下の投票は無効とする。
  (1) 正規の用紙を用いないもの。
  (2) 候補者以外の氏名を記載したもの。
  (3) 所定の人数を越える氏名を記載したもの。
  (4) 所定の人数を記載しなかったもの。
  (5) 同名連記したもの。
  (6) 判読不能のもの。
  (7) 氏名に敬称をつけたもの。
 4.当選者の確定は次の各項に従う。
  (1) 有効得票数がもっとも多いものを当選者とする。
  (2) 最上位に有効得票数の等しい候補者が複数あるときは、これらの候補者について再投票を行い、有効得票数がもっとも多いものを当選者とする。

第4条 会長の選出は、担当年度開始の3年前に行い、2年前から担当年度までは副会長として会務を担当する。

第5条 この細則は理事会の議により改定することができる。

付 則
この細則は、2005年10月3日から施行する。
この改定は、2006年5月16日から施行する。
この改定は、2014年1月1日から施行する。
この改定は、2014年8月11日から施行する。