臨床工学技士より市民の皆さまへ

集中治療における技術連携の特徴について

 臨床工学技士とは、病院で働く医療技術者であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。肺の機能が低下した患者さんなどに使用する人工呼吸器、心臓や肺の機能を補助する体外循環装置、また体内に貯まった老廃物などの排泄を補助する人工透析装置などの、組み立て、操作、そして安全管理などを担当しています。これらは、生命維持管理装置などと呼ばれていますが、肺や心臓や腎臓などの重要な臓器の機能を補助するものです。これらの医療機器の保守と点検を行い、院内でいつでも安心して使用できる環境を作ることも、臨床工学技士の重要な仕事となります。

 集中治療室では、生命の危機にある患者さんを24時間体制の管理下で、より効果的な治療を行っています。重篤な患者さんに対する治療では、生命維持装置をはじめとした多くの医療機器が必要不可欠です。多くの医療機器が、集中治療室では使用されています。このような生命維持管理装置などの操作には、高い専門知識と適切な管理技術が要求されます。このため、臨床工学技士の集中治療室における必要性が高まっているのです。

臨床工学技士の役割

  • 臨床工学技士は、集中治療チームの一員として治療の質の向上と安全確保を推進しています。
  • 臨床工学技士は、人工呼吸療法、経皮的心肺補助(PCPS:percutaneous cardio pulmonary support,あるいはECMO:extracorporeal membrane oxygenation)、血液浄化療法などの重要な臓器の補助療法や生命維持管理に対して、医師の指示の下に迅速に対応し、適切な治療をサポートしています。
  • 臨床工学技士は、集中治療室における医療機器の安全管理を推進しています。
 以上のように、臨床工学技士は、集中治療チームの一員として、他職種協働体制として、生命維持管理装置を中心とした医療機器の効率かつ安全な運用を推進しています。

2017年3月
日本集中治療医学会 理事 木村政義